The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)

The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム)

【PC・PS4・PS3】【アク・RPG】

【公式サイト:https://www.zenimax.com/jpn/elderscrolls/index.php

 

【概要紹介&プレイレビュー】

 

FPS、TPS切り替え可能なオープンワールド型アクションゲーム。

 

物語は囚人であるプレイヤーが処刑される寸前に空想上の存在とされたドラゴンが現れるところから始まります。
ドラゴンはあたりを滅茶苦茶にしますが、その騒動に紛れてプレイヤーは逃げ出し、広大な世界に足を踏み入れます。
世界観はロード・オブ・ザ・リングのような感じを想像してもらえれば間違いないかと。あの辺の映画が好きな方はドンピシャなのでは。(私もその一人です)

 

このゲームの凄いところは何をするもの自由度がとても高いということで、私は最初自由過ぎて何をしたらよいのかわかりませんでした。
取りあえず、偶然着いた村で住人に話を聞いていると進むべき方向がわかってきた感じです。
でもこれ逆を言えば、探さないとメインストーリーを追えないんです。それほどなんです。
一応メインストーリーはあるのですが、全く関係のない場所に行ったり、どうでもいい依頼を受けたりとメインストーリー以外の要素の方が膨大な量を占めています。
ある村では「好きな女がいるからこの手紙を渡してくれ」と頼まれました。
そんなの自分で行きなさいよ、全く。まぁ渡してあげたけども。

 

 

で、とにかく歩いているだけでも様々な出来事があります。
オオカミに襲われたり、山賊がうろうろしていたりなんてことは珍しくありません。
探索すると金目のものが眠ってそうな洞窟なんかも数え切れない程あります。まぁそういう洞窟には大抵山賊や魔術師なんかがいますが。
例えメインストーリーを追っていても、道中で何らかのアクシデントがお構いなしに発生するのでとても面白いです。

 

 

《両側に死体が突き刺さっている怪しい洞窟》

(Bethesda Softworksより)

 

 

そうして突発的なアクシデントに対応していると洞窟を見つけ、入ったら山賊のアジトだったので、皆殺しにして金目のものゲットだぜ。・・・・「あれ、なんでここにいるんだっけ?」みたいなことが私は何度もありました。

 

 

 

 

 

しかし、アジトを一掃するなどと言う芸当が出来るようになるまでには時間を要しました。
最初はプレイヤーも弱いので、色々な手段を用いてレベルを上げ、装備を整えて行くことが大切です。

 

参考程度に私の場合はですが、如何に安全に多くの利益が得られるかを考えながら生き抜いておりました。
ローリスク・ハイリターンですね。

 

ゲーム序盤、一番初めに着くと思われる大きな街が「ホワイトラン」と言うところです。
(ゲーム開始地点から道なりに一番近い大きな街なので、多くの人はそこに辿り着くのではないかと思います)

 

 

《ホワイトランの外観》

(Bethesda Softworksより)

 

 

ホワイトランは街を外壁が囲っており、外には動物やモンスターが度々現れます。
その中でも野営地を構えている「巨人」がいるのですが、彼らを倒した際の経験値と剥ぎ取れれるものが比較的良いものでした。
ただ、彼らは強いです。好戦的ではないので挑発しない限り襲っては来ませんが、ひとたび暴れだすと、鈍器の振り下ろしだけで大ダメージを食らうわ、反撃しても体力モリモリだわで確実に死闘となります。
これでは最初に掲げたモットーには程遠いです。

 

そこで私は他者の力を(無理矢理)借りることにしました。
まず、巨人を発見次第、挑発してホワイトランの外壁までおびき寄せます。
すると何事かと城壁に駐在しているホワイトランの兵士たちが巨人に対し迎撃を開始するのです。
それに紛れて兵士たちと一緒に戦います。(殆ど兵士に戦わせています)

 

このようにして毎回犠牲者を出しながら必死に討伐し、巨人や殉職した兵士から色々剥ぎ取ります。
序盤の私はそうして強くなりました。
ゲスいようですが、あの時は生きるため仕方がなかったんです。

 

まぁこれ以外にも正当に行こうと思えば人々からの依頼をこなして報酬を貰うとか、逆に家に盗みに入るとかも方法の一つだと思います。
この辺はプレイヤーの性格が出るかも知れませんね。

 

 

 

 

 

そしてこのゲームの最大の魅力であるのがなんと言ってもPC版の特権であるMODの存在です。・・・MODありきで話すのもレビューとしてどうなんだと少し思いますが。
私は既にPS3版でもプレイしていましたが、MODを導入したくてPC版も購入するに至りました。
因みにMODとは、PCゲームのデータを改造または追加するファイルのことです。

 

MOD自体は公式からも出ているのですが、それよりも有志によるMODが自由でこれまた凄い。
これを入れることにより、新しい武器や魔法、服や装備の追加は勿論、建物やダンジョンを出現させたり、更にはプレイヤーに空腹の概念を追加し動物を狩って生活する等、ゲームのシステム自体を変更することも可能となります。
なので、普通のプレイに飽きてきてしまったら、ゲーム性を変えてしまうというような荒業も出来てしまうんです。
好きなMODを入れて自分好みのスタイルにすると良いでしょう。自己責任で。
皆さんも是非一度遊んでみて欲しいゲームでした。

 

※MODを導入するには相応の知識が必要になります。検索すれば手順はしっかり書いてありますが、パソコンが苦手な方にとっては難しく感じるかと思いますのでご注意を。

 

The Elder Scrolls V:Skyrim SPECIALEDITION  
↑ ↑ ↑
こちらはPS4版になります!
(MODは使えないので注意)

 

 

 

 

 

【マヨンの現状(ネタバレ含む)】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MODのおかげで楽しさが無限大になっています。
私もPC版購入から3年程経ちましたが、未だに新しいMODがあるとすぐに試して遊んでいます。

 

今の私(プレイヤー)はナルトのMODを入れ、火遁の術や写輪眼、天照等の忍術を極めた強キャラと化しています。
そして可愛いパートナーと共に弓を背負い、日々盗賊狩りをして暮らしています。

 

ホント弓で山賊やら動物を狩るのが楽しいです。
ちゃんと弓らしい軌道をしてくれるので、偏差撃ちをしないと当たらないのがグッド。

 

 

《お気に入りパートナー》

(Bethesda Softworksより)

 

 

キャラクター、装備ともにMODです。これでも「鎧」です。
露出多めな装備ですが、私の趣味なので気にしないでください。

 

 

《天照発動時》

(Bethesda Softworksより)

 

 

黒い炎が燃えていますが、どの術も再現度が高いです。

H28.4.28


ホーム 発売前注目コンテンツ 歴代オススメ作品 出会い 過去日記 ガイドライン