甘城ブリリアントパーク

甘城ブリリアントパーク

【ジャンル】
[SF・コメディ]

 

【傾向】
[ラブ低・主強]

【公式サイト:http://www.tbs.co.jp/anime/amaburi/index-j.html

 

【ポイント】

 

・寂れたテーマパークの経営再建!
・愉快なスタッフたち
・ラティファ様を守ってあげたい

 

 

 

【概要紹介】※ネタバレは最下部より

 

高校に通う主人公の前に突如現れた美少女転校生千斗 いすず。

 

彼女からいきなり(脅されつつ)デートのお誘いを受けた主人公は渋々それに付き合うこととなります。

 

そしてデート当日に訪れたのは、寂れた遊園地で有名な「甘城ブリリアントパーク」でした。

 

1日かけて遊園地を回り最後に連れていかれたのは、支配人であるお姫様のところ。

 

そこでお姫様からこの遊園地の秘密を告げられるのです。

 

 

突拍子もない始まり方ですが、世界観からすると仕方ないかもしれません。
公式ホームぺージのキャラ紹介を見ていただければわかると思いますが、人間ではない方もチラホラいらっしゃいます。
そうです。そういうことです。彼らはこの世界とは違う世界の住人です。
ネタバレになっちゃうのであまり詳しくは書きませんが、甘城ブリリアントパークはその住人たちをこの世界に繋ぎ止める重要な存在です。
そしてそのパークは今や寂れ廃園寸前の状態。
色々あってこれを主人公が立て直すこととなります。

 

見どころは、いすず、ラティファ、徐々に活気づく遊園地です。
前の2名についてはヒロイン紹介で触れるとして、活気づく遊園地というのはお客さんもそうですが、私が言いたいのはキャスト側です。
徐々に内部の団結力が高まっていく感じがとても好きでした。

 

 

 

【主人公】

 

自信家でナルシストの可児江 西也です。
・・・これだけ聞くと何だこの主人公ってなりますが、案外いい奴です。
確かに「俺がやるなら失敗はない」とかよく言いますし自分がイケメンだと自覚していますが、実力も伴っています。
頭よい、運動神経よい、ルックスよい、要領よしと結構完璧超人です。
言うことも理に適っていて無茶なことは言わないので、実はこのアニメの登場人物においてはかなりまともな方です。
ただ、恋愛に関しては相当奥手なようで、鈍感なところも相まって殆ど誰とも進展とかしません。

 

 

 

【主要ヒロイン】

 

西也の高校に転校してきた千斗 いすず、パークの総支配人であるラティファ・フルーランザですね。
あとはエレメンタリオのキャスト4人。このあたりではないかと。
いすずは感情はあるけど無表情なキャラで、なんか最近はその不器用な行動がいちいち可愛く見えてきました。
あとムチムチボディっす。パネェっす。
そしてラティファさんも負けず劣らずの可愛さです。
彼女のためならいくらでも頑張れそう。あの健気さに心打たれました。

 

エレメンタリオの4人も中々にヒロイン感ありましてみんな魅力的でした。もっと活躍の場が欲しかったです。

 

 

 

 

 

比較的コメディ要素が強いですが、パークの立て直しという明確な目標がありそれが達成出来ないとかなり深刻になっちゃうので、緊張感は多々あったりします。
パークが活気づき、キャストに連帯感が生まれていくところは見ものですので皆さんも是非。

 

  

 

 

 

 

 

【ネタバレやその他】※下へスクロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はぁ・・・それにしてもいすずとラティファ可愛かったなぁ。
途中から2人だけしか目に入っていなかったような気さえしますw
あといすずのCVが加隈亜衣さんだとは。不覚にも最初わかりませんでした・・・

 

ていうかホント終盤にラティファの記憶が残っていたことに歓喜しましたよ。
何かその辺原作と結構違うところもあるみたいですが、私はこの結末で満足しています。
2期も是非見たいですが、そうなるとさらに原作とはかけ離れてしまいそうですね。
でも、原作って結構シリアス続いてるみたいなので、いっそアニメ版は割り切ってハッピーな流れにしちゃってもいいんでないです?
なんて無茶言ってみたり。

 

だって平和なのが一番ですって。
これ終わり方が原作どおりでラティファの記憶がなくなって終わってたらここでレビューしてないかもですしw

H28.6.14


ホーム 発売前注目コンテンツ 歴代オススメ作品 出会い 過去日記 ガイドライン