甘々と稲妻

甘々と稲妻

【ジャンル】
[日常・グルメ]

 

【傾向】
[ラブ低・癒]

【公式サイト:http://www.amaama.jp/

 

【ポイント】

 

・暖かい手作りごはん
・父と娘の絆

 

 

 

【概要紹介】※ネタバレは最下部より

 

半年前に妻を亡くし、男で一人で娘のつむぎと暮らす犬塚 公平。

 

教師をしている公平は帰りも遅く、夜ご飯は買って来たお弁当になりがちです。

 

ある日、つむぎと共にお花見に出かけたら泣きながらお弁当を食べている女子高生 飯田 小鳥に出会います。

 

彼女はお弁当が美味しくて泣いていたそうな。

 

興味を持ったつむぎに小鳥は自身の母が経営するごはんやさん“恵”の名刺を渡します。

 

 

不思議な出会いをした公平たちと小鳥・・・と思いきや、公平は小鳥のクラスの副担任でした。
公平は最近ごはんを食べる時につむぎが笑っていないことに気付きます。
そこでふと小鳥から貰った名刺を思い出し、お店へと向かうのでした。

 

その後ひょんなことから小鳥と共にご飯を作って食べるようになります。

 

さて、見どころは何と言っても手作りご飯。
料理が出来ない公平と包丁を使えない小鳥が奮闘します。
公平はつむぎの笑顔を見るために。小鳥は包丁を克服し、母の手伝いをするために。
しかし、次第にこの時間は両者にとってかけがえのないものになっていきます。

 

次に公平とつむぎの絆です。
妻の多恵が亡くなってから多恵がやっていたことを何とかやろうとする公平。
つむぎにはまだ多恵の事を話せていないこともあり空回ることも多々ありますが、それでも懸命につむぎの事を想い行動するところは立派なお父さんだと感じました。
また、つむぎもお母さんに何があったのかを彼女なりに理解しているようで、それでも笑顔でいようとしています。

 

 

 

【主人公】

 

高校の教師をしている犬塚 公平です。
半年前に妻に先立たれ、一人子育てをしています。
忙しそうにはしているものの、何とか回っていたみたいです。
ただ、彼自身は食に対する関心が然程ない様子でした。
しかし、小鳥と料理をしていく中で段々と興味が出てきて、今では色々な料理に挑戦しています。

 

 

 

【主要ヒロイン】

 

小鳥ですね。あと一応つむぎもかな?
小鳥は小さいころから母の傍で色々見ているので、料理の知識や味覚は相当なものです。
包丁が使えないだけで、料理自体はとても楽しそうにしていますし。
公平たちとご飯を作っている時の小鳥は生き生きとしておりとても可愛いです。

 

あ、女の子で言えばしのぶもいますね。
彼女は言動は男っぽく押しも強いですが、世話焼きなうえ気が回るので・・・可愛い。

 

八木ちゃんも優しいぶっきら棒で好きです。

 

 

 

 

 

とても暖かくなるアニメです。
ご飯を通じて笑い合える空間がそこにあります。
一人暮らしの方等にも見て欲しいです。

 

    

 

 

 

 

 

【ネタバレやその他】※マウスドラッグで表示

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終始おとさんとつむぎとことりちゃんに和んでおりました。

 

所々で公平が懸命につむぎのことを想ったり、叱ったりする様は何か子育ての大切さを感じましたね。
3人の“恵”でのやり取りは微笑ましい限りです。最近では私の精神安定剤になっていましたw
こういうのが精神安定剤にまでなっちゃうとアニメが終わった時の喪失感が・・・。

 

最終話でしのぶや八木、ことり母が勢揃いして食卓を囲む様子は更に心が温かくなりました。
いやぁ区切りとしては最高の終わり方でした。
穢れ切った私の心をも浄化してくれましたね。
ただ、最後の料理がお好み焼きだとは・・・予想外でしたw

 

後エンディングとの相性も最高でした。「Maybe」いい曲です。
アニメで毎回エンディングを最後まで見るというのも私としては珍しかったですw

 

このアニメについてはここの欄でお話することってあまりないんですよね。
最初から最後まで変なリビドーを抱えなかったからでしょうか。
とても純粋な気持ちで見る事が出来たのでw
いえ、他のアニメが不純という訳ではありませんからね!!

H28.9.27


ホーム 発売前注目コンテンツ 歴代オススメ作品 出会い 過去日記 ガイドライン