空戦魔導士候補生の教官

空戦魔導士候補生の教官

【ジャンル】
[学園・ファンタジー]

 

【傾向】
[ラブ低・主強]

【公式サイト:http://ku-sen.jp/

 

【ポイント】

 

・学園浮遊都市で謎の生物と戦う人類
・落ちこぼれ小隊の成長

 

 

 

【概要紹介】※ネタバレは最下部より

 

昔、人類は謎の生物である魔甲蟲の侵略により大地を失いました。

 

現在人々は生活の場を浮遊都市に移し日々を過ごしています。

 

浮遊都市では魔甲蟲と戦える唯一の存在「空戦魔導士」の育成に力を注いでいました。

 

そこにいたのは空戦魔導士を目指す落ちこぼれ小隊と呼ばれる少女たち。

 

ある日、彼女たちに新しい教官が就くことになります。

 

 

学園浮遊都市ミストガンで落ちこぼれと言われているE-601小隊の少女ら3人。
彼女たちの教官としてやってきたのは、かつて黒の剣聖と呼ばれたカナタ・エイジ。
しかし、とある理由から今は「裏切者」扱いされているようです。

 

彼の指導の元彼女たちの特訓が始まります。
最初は連携も取れず、個々の能力も出し切れていませんでしたが・・・。

 

見どころはずばりE-601小隊の成長です。
最初は仲間意識もなく個人プレイばかりするどうしようもない子らです。
教官として来たカナタのことも受け入れていませんでした。
そんな彼女たちが自分の弱点に気付き、お互いを信じていく姿が良い。
カナタとの信頼関係も徐々に築いていきます。

 

 

 

【主人公】

 

かつて黒の剣聖として活躍していたカナタ・エイジです。
今では「裏切者」として周りから敬遠されています。
性格は飄々としていて何事にも動じません。
また、誰と接していても態度を変えない様は好感が持てます。
当時の同僚はカナタの事を今でも信じているみたいです。

 

 

 

【主要ヒロイン】

 

E-601小隊の3人ですね。
リーダーで猪突猛進のミソラ・ホイットテール、気弱な性格だが剣の腕は確かなレクティ・アイゼナッハ、そして座学はトップクラスだが、極度のナルシストであるリコ・フラメルです。

 

皆強すぎるくらい個性があります笑
個人的にはレクティが好きですかね。CV東山さん効果が大きいかもですが笑

 

 

 

 

 

弱かった少女たちが成長していく姿を見ることが出来ます。
自身の弱さを知ることや、仲間との信頼が大切だと気付かされますね。

 

  

 

 

 

 

 

【ネタバレやその他】※下へスクロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナタの教官としての手腕、そしてE-601小隊の成長が良かったですね。
最初3人を見たとき「大丈夫かこれ・・・」と思いましたが、そこはさすがカナタ。
見事小隊をまとめ上げました。

 

ミストガン・トーナメントでは見事E-601小隊を優勝に導きました。
まぁ1回戦を終えた後、決勝戦までダイジェストだったのはちょっと残念でしたが。

 

そういえば好きなキャラで言えば個人的にはやっぱりユーリがお気に入り。
何だかんだ言ってカナタのことが気になる様子で、いつも目で追いかけていましたね。
最後は601小隊の一員になり4人で空を飛びまわっていましたし。

 

ただ、私この作品アニメしか見ていないんです。
そこでいくつか気になった点が・・・。
まずカナタとミソラの父が話をしていた時に出てきた「ナチュラル」の説明が乏しい・・・というかなかったような。
あとカナタが裏切者と呼ばれる理由もはっきりとわからずに終わってしまいました。
このあたりは物語のキーとなる部分だと思うので、もう少ししっかり説明が欲しかったところ。

 

それとこれは個人的なんですが、フロン・フラメルさんですよ。
課長のくせに601小隊のこと見下すわ、問答無用でカナタを裏切り者扱いするわで完全に悪女。
課長なら負け続きの601小隊が勝ち進んだのだから喜ぶべきでは?
なんかもうどれだけ嫌な女なんだと笑
はい、それだけです。

 

最後に全体通して作画が不安定だった気がしました。
少々惜しいところが目立つアニメだったかも。

H28.12.20


ホーム 発売前注目コンテンツ 歴代オススメ作品 出会い 過去日記 ガイドライン