ガヴリールドロップアウト

ガヴリールドロップアウト

【ジャンル】
[学園・日常・ファンタジー]

 

【傾向】
[ラブ低・女子多]

【公式サイト:http://gabdro.com/

 

【ポイント】

 

・人間界にやってきた天使と悪魔の物語

 

 

 

【概要紹介】※ネタバレは最下部より

 

天界にて天使学校を主席で卒業したガヴリール。

 

そして卒業後は修行のため、しばらくの間人間界で生活をすることに。

 

最初は家の掃除やボランティア等、正しい行いをして生活していました。

 

そんな時、ひょんなことからネトゲに手を出してしまい・・・。

 

 

という訳で人間界の娯楽に触れてしまい、それに溺れた天使のお話です笑
いやでもホントその気持ちわかります。
今や無料で遊べる楽しいネトゲがあり過ぎて困りますよね。
そりゃ自堕落にもなります・・・。

 

で、ガヴリールを中心に人間界で学ぶ天使と悪魔の賑やかな日常が描かれています。

 

見どころは、何と言っても4人の天使と悪魔です。
詳しくは【推しキャラ】や【ネタバレやその他】でお話しますが、可愛い。
彼女たちの掛け合いを見ているとニヤニヤしてしまいます笑

 

そして現代の日本を舞台としているので、あるあるなネタなんかもあってガヴに共感出来たり。
ネトゲで駄天してしまうのは仕方がない気がするのです笑

 

 

 

【主人公】

 

上記にもある天真=ガヴリール=ホワイトです。
天使学校卒業時は清楚な雰囲気でおしとやかな立ち居振る舞いの彼女でした。
しかし、ネトゲに溺れてからは身なりや言動まで変わってしまい・・・。
日本のネトゲプレイヤーにありがちな雰囲気を漂わせます。
まぁアニメを最後まで見てしまうと、逆に清楚なガヴに違和感を覚えてしまいますが笑

 

 

 

【主要ヒロイン】

 

堕落してしまった天真=ガヴリール=ホワイト 通称ガヴリール、悪魔なのに全く悪魔らしくない月乃瀬=ヴィネット=エイプリル 通称ヴィーネ、大悪魔を自称しいつも弄られている胡桃沢=サタニキア=マクドウェル 通称サターニャ、天使なのに悪魔並の腹黒さである白羽=ラフィエル=エインズワース 通称ラフィエルです。

 

皆可愛いですが、個人的にダントツなのはヴィーネでした。
悪魔なのに言動がもう優しくて天使です・・・ああ可愛い。
たまに乱暴な口調になるところもグッド。

 

 

 

 

 

4人の天使と悪魔の日常コメディです。
個性的で可愛い女の子たちを堪能してください。

 

  

 

 

 

 

 

【ネタバレやその他】※下へスクロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやぁ王道日常コメディといった感じでした。
登場キャラが皆可愛かったのもポイント高いです。
それぞれ天使と悪魔ではありますが、それにとらわれない個性がありました。
天使のガヴは堕落し過ぎて仕送りを減らされ、悪魔のヴィーネは行いが正し過ぎて仕送り減らされてましたね笑

 

それでは物語や各キャラの感想を。

 

まずガヴ。
駄天してからのガヴは自堕落で面倒くさがりな性格が全面に出ていましたが、それもまた可愛いような。
それでもサターニャがアパートで犬を飼いたいと言った際に、裏でマスターに許可を取ったりと優しい一面も。
その辺りが更に可愛いですね。
あとCVの富田さん、良い声しています。
何と言うか他のキャラで声を聞いても、「ガヴの声」という印象が焼き付いてしまいましたが笑

 

次にヴィーネ。
濃いメンツに囲まれ基本ツッコミ役に回る苦労人。
この子が悪魔なんて思えない。
上でも記載しましたが、たまに口調が乱暴になるところがまた可愛いんです。
4人の中では唯一のオアシス。

 

サターニャ。
アホ可愛いという言葉がしっくりきます。
これはラフィが弄りたくなる気持ちもわかります。
と言うか、サターニャがこうなったのは確実に家族のせいですよね・・・。
弟さんがなんか可哀想でした笑

 

最後にラフィエル。
当初は腹黒さが前に来ており、そんなに魅力的ではなかったのですが・・・。
回を重ねるごとに意外と普通の女の子なんだなって。そう思ったら可愛くなってきました笑
特に8話Aパートのラフィ回。
サイズの合わないブラに四苦八苦する姿や、実はカエルが苦手だったり。
弱みがあった方が可愛く見えるのはなぜでしょう笑

 

 

あとは何気に委員長やタプリスも可愛かったですね。
もっと絡みが欲しかったと思う程度には好きでした。

H29.4.15


ホーム 発売前注目コンテンツ 歴代オススメ作品 出会い 過去日記 ガイドライン