DRIFTERS

DRIFTERS

【ジャンル】
[アクション、異世界、歴史]

 

【傾向】
[ラブ無・燃・主強]

【公式サイト:http://www.nbcuni.co.jp/rondorobe/anime/drifters/index.html

 

【ポイント】

 

・異世界に飛ばされた武将
・どの世界でも揺るがない武士魂

 

 

 

【概要紹介】※ネタバレは最下部より

 

天下分け目の戦いと言われる「関ケ原の戦い」。

 

決死の撤退戦の後、山の中を彷徨っていた島津 豊久。

 

次の瞬間、豊久は奇妙な空間にいました。

 

そこは無数の扉が連なり、真ん中には怪しい男が。

 

豊久は問い詰めようとしますが、扉の一つに吸い込まれ・・・。

 

目覚めたところは、エルフやドワーフといった人ならざるものが共存する世界でした。

 

 

唐突に異世界に送られてしまった豊久。
しかし、それでも己の信念を曲げず突き進みます。
また、その世界には他にも歴史的に名の知れた者たちが流れ着いており・・・。

 

見どころはまず「武士魂」です。
物語のメインとなるキャラは下記でも紹介しますが、日本の英傑3名です。
3人とも個性的ですが、それぞれに時代背景からくる考え方や信念があるようで。

 

次に名立たる英傑たちの活躍。
皆さんもどこかで一度は名前を耳にしたことがあるであろう人物たちが活躍します。
その人物ならではの技術や能力、そして人柄がよく表現されています。
ウィキ等で彼らを調べながら見るともっと楽しめますね笑

 

そして戦闘シーン作画が秀逸。
異世界でも戦う場面が多くありますが、それらの描写が素晴らしいです。
シーンの構成や見せ方も上手いのだと思います。臨場感がすごい。

 

 

 

【主人公】

 

薩摩が島津家の武将、島津 豊久です。
卓越した戦闘能力に加え、いつ如何なる時でも己の信念に従って行動します。
このブレない行動理念に痺れますね。
また、島津家に育ったためか好戦的で且つ愚直なまでに真っ直ぐです。
そしてCV中村さんの演技も素晴らしい。

 

 

 

【主要キャラ】

 

主人公で上記のとおりである島津 豊久、数々の戦を経験したことによる風格を備え、洞察力や戦略に長けている織田 信長、中性的な顔立ちで伝説的な弓の達人である那須 与一です。

 

3人とも個性が強い御仁ですが、妙にバランスが取れているんです。
猪突猛進の豊久、頭の切れる織田、中立で緩衝材の与一みたいな。
また、彼らのやり取りは凸凹していて面白いので必見です。

 

 

 

 

 

異世界ものにしては女の子とどうこうとかはなく、比較的硬派な印象。
笑いあり熱い展開ありなので、現実で気力をなくしてしまった諸君に見て欲しい作品です。

 

  

 

 

 

 

 

【ネタバレやその他】※下へスクロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただただ豊久の信念が真っ直ぐで惚れ惚れしていました笑
これぞ「武士」なのだと感じます。
そして信長の言動や戦のやり方もどこか納得出来るというか。
不思議と実に彼らしいと思えるんです。
で、また豊久、信長、与一がいいバランスで。
この3人がいれば敵なしなのではないかと思わされます。

 

また上記にもありますが、登場する英傑たちの人物像が想像通りで嬉しくなっちゃって。
メインの3人は日本人ですが、他に外国の英雄たちもこちらへ送り込まれています。
住む場所も生きた時代も違う彼らなので、そもそも倫理観が違うんですよね。
今作では特に豊久ら「武士」の思考、行動にインパクトがありました。
現代に生きる我々の常識からしたらあり得ないと思えるような思考をしています。
でもそこが凄いと思いますし、それを貫く姿がメチャ格好良いんです。

 

さて。
まだ今期では登場していない人物や登場していても殆ど活躍しなかった人物も多いですよね。
最終回も次に繋がるような・・・いや、寧ろ繋がるしかない終わり方でした。
これはもう2期に期待大ですね!

 

 

 

【その他考察】

 

・サンジェルミ伯良いキャラですよね。
→どのアニメでもオカマキャラってなんでか好きになっちゃうんですよ。杉田さんですし笑

 

・オルミールと言えば・・・
→おっぱいキャラになっちゃって笑 でも彼女の倫理観が一番我々視聴者に近いと思うんです。

 

H29.8.20


ホーム 発売前注目コンテンツ 歴代オススメ作品 出会い 過去日記 ガイドライン