七つの大罪

七つの大罪

【ジャンル】
[アクション・ファンタジー]

 

【傾向】
[ラブ低・燃・主強]

【公式サイト:http://www.7-taizai.net/1st/

 

【ポイント】

 

・バトルが熱い!

 

 

 

【概要紹介】※ネタバレは最下部より

 

膨大な魔力を有し、人々から敬われ時に恐れられる「聖騎士」。

 

本来王国を守るはずの聖騎士ですが、かつて国を裏切り全聖騎士を敵に回した騎士団がいました。

 

その名は騎士団最強と謳われていた「七つの大罪」。

 

そして今、その七つの大罪を探して旅をする少女がいました。

 

彼女の名はエリザベス。王国の第3王女です。

 

エリザベスは偶然辿り付いた酒場で店主を名乗る少年メリオダスと出会います。

 

 

世界観は人と、人ならざるものが混在する世界だそうです。
エリザベスがなぜ、過去に罪人とされた七つの大罪を探しているのか。
それは現在の王国が聖騎士に牛耳られているからです。彼女は七つの大罪が行った行為には理由があるのではないかと考えています。
そしてもしそうであれば、現状を救えるのは七つの大罪を置いて他にいないと判断し、王国を飛び出して七つの大罪を探しているそうな。

 

しかし、旅などしたことのないエリザベスは体力が尽きかけていました。
そんな中、最後に辿り付いた酒場で出会った少年こそが七つの大罪のリーダーであるメリオダスだったのです。
ここから七つの大罪を探す壮絶な旅が始まります。

 

 

見どころは何と言っても熱いバトルです。
元々騎士団最強であった七つの大罪を探す旅なので、必然的に強者たちとの戦いになっちゃうんですよね。
しかし、そもそも初期パーティーであるメリオダスさんがチート並に強いので、比較的安心してバトルを楽しめるんです。
比較的ですよ?
他の聖騎士と戦うこともあれば、七つの大罪メンバーと戦うことになる場面もあるので、後半辺りからは特にハラハラな展開です。
あとエリザベスたん(*´Д`)ハァハァってなっt

 

 

 

【主人公】

 

七つの大罪リーダーであるメリオダスです。
見た目は少年ですが、実は3000年以上も生きているとか。体は子供、頭脳は仙人ですね。
実際雰囲気に余裕がありますし、何事にも動じない強い精神を持っています。
勿論、物理的な強さもチート級でそこらの聖騎士では歯が立ちません。
私は最初見た時「子供の主人公かぁどうしようかなぁ」とか思って渋っていたんです。
そんな私を殴ってやりたい。それ程に頼れるカッコいい主人公でした。

 

 

 

【主要ヒロイン】

 

これはもうエリザベス一択です。それ以外はありません。・・・実はちょっとディアンヌも入れたかったんですが。
いやぁ上の見どころでエリザベスのことについて熱く語ろうかと思いましたが何とか堪えましたよね。
あのメリオダスにプチセクハラとかされても怒らないところがなんか可愛いです。個人的にはかなりツボです。
また、ここぞという時にその強い信念がメリオダスたちを助けることも。
あのですね、あと着ている服も何と言うかセクシーですよね。
手を出すメリオダスの気持ち、わからなくもないです。・・・・・・嘘、すごくすごくわかります。

 

 

 

 

 

熱いバトルをご所望な方是非ご覧ください。
また、笑いあり涙ありの物語なので、バトルが好きではない方でも面白いと思います。

 

  

 

 

 

 

 

【ネタバレやその他】※下へスクロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私ってメインヒロインよりもサブヒロインないしはサブキャラクターに惹かれることが多いんです。
それもかなり高い確率で。
そんな中のエリザベスですよエリザエリザエリエリエリザベス・・・すみません、少し興奮しました。
どこが好きと聞かれてもう〜んってなるんですが、ツボなのは上記にも記したやつですよ。
あのおっぱい揉まれても、スカートの中に顔突っ込まれてもされるがままのエリザベスさんに萌えました。以上。

 

あとインパクトあったのはギルサンダーのあれです。
最後の最後でこちら側に付いたギル。いや「戻れた」と言う方が正しいですかね。あのシーンはホント鳥肌ものでした。
ずっと救難信号を出し続けていた彼に気付き、しっかり救うメリオダス。パネェっす。

 

それと地味にバンのお話にも涙しちゃいました。

H28.6.1


ホーム 発売前注目コンテンツ 歴代オススメ作品 出会い 過去日記 ガイドライン