Deemo

Deemo

今回はソシャゲの音ゲーとして話題になったDeemoです。

 


(Rayark Incより)

 

 

このゲーム、音ゲーなのにストーリーがあり不思議な世界感になっています。
ピアノを引く謎の人物であるDeemoの元に突然女の子が上から降ってきます。
Deemoはピアノを弾きくことで木を成長させて、女の子を上の世界?に返すことになります。

 

ネタばれになるからはっきりとは言えませんが、女の子が降ってきた理由やDeemoの正体についても、エンディングでしっかりと描かれています。

 

 

 

 

 

さてさて、ゲームの方はどのような感じかと言いますと、基本的にピアノベースでとても心に響くような曲ばかりです。
プレイするよりも聞き入ってしまうかもしれません。私自身も曲を聴きたいがためにプレイしていたところありましたしw
上から鍵盤のようなものが流れてくるので、手前の線に重なるタイミングでタップするという感じです。

 

また、タップの仕方は2種類あり、黒い鍵盤がタップ、黄色い鍵盤はスライド、これだけです。
至ってシンプルなので、簡単に馴染めると思います。

 

     
(Rayark Incより)

 

 

 

難易度はEasy、Nomal、hardに分かれているので、比較的音ゲーが苦手な人でもプレイ出来るのではないかと思います。
また、いくらミスをしてもゲームオーバーがないのも嬉しい要素の一つですね。
逆にhardのLV10なんかは音ゲーに慣れている人でも中々の手ごたえを得られそうなくらい。

 


(Rayark Incより)

 

 

そして、クリアの評価に合わせて木が成長していくと同時に、プレイ出来る曲も増えていきます。

 

 

 

 

このゲームの見どころは、やはり独特の世界感とそれにマッチした音楽だと思います。イラストも可愛く、和みます。
最初このゲームの曲を聴いた時は、良すぎて音ゲー初心者の私でも夢中になって何度もプレイする程でした。
楽しいんです。自分がピアノを奏でている感覚に浸れます。

 

 

 

また、現在もアップデートで曲がどんどん追加されていますので、毎回どんな神曲があるかと期待させられます。
(課金曲ではありますが・・・)

 

 

 

 

 

 

【マヨンの現状】

 

私はこのDeemoで音ゲーデビューを果たしたのですが、当初は曲を聴きたいがために何度も何度もプレイしていました。
そうしたら、なんか知らないうちにhardも出来るようになっていたんです。ホント知らないうちに。
恐らく何度も聴きながらプレイしている中で、段々手が物足りなくなっていってNomal→hardに移行したものと思われます。

 


(Rayark Incより)

 

 

ただ、今思うとこの時はまだ親指勢(ゲームコントローラーを持つようにしてスマホを持ち、親指でタップする)だったので、それでよくhardをやっていたなと我ながら感心しています。
とは言うものの、基本的に音ゲーは「好きだが苦手」なので、決して上手くはありませんが。

 

現在は既にエンディング迎えているので、追加曲を楽しんだりフルコン目指したりと、癒されたい時にプレイしています。

 

 

音ゲーでは後にデレステがリリースされ、「デレマスの音ゲーなんて!もうやるしかないのでは。」となり始めた際、ここでの音ゲースキルが大いに生かされたのはまた別の話です。

 

 

 

最後にDeemoの気になる点については

 

・iosの場合、アプリが有料
・無料で出来る曲がそんなに多くない(現状全体の6割以上は課金曲)

 

という感じ。

 

アプリが有料と言っても安いですし、課金しなくても良い曲はたくさんあるので、是非一度やってみて欲しいです。
億劫な人は音楽だけでも聞いて欲しいですw
個人的に好きな曲は「niflheimr」や「Dedication」等、他にもたくさん。

H28.5.10


ホーム 発売前注目コンテンツ 歴代オススメ作品 出会い 過去日記 ガイドライン