モンスターストライク

モンスターストライク

もうソーシャルゲームでお馴染と言っても過言ではないくらいのアプリであるモンスターストライク。略してモンスト。
引っ張りハンティングと称されるこのゲームの見どころや気になる点をレビューしていきます。

 


(株式会社ミクシィより)

 

 

さてこのゲーム、何をするのかと言うと、自分のキャラをスリングショットのような感覚で飛ばし、敵を倒すゲームです。操作も片手親指のみで事足ります。
4体編成の自キャラを順番に弾いていきますが、ターン制なので自分のキャラを1体弾いたら敵の攻撃、また自分が弾き・・・と進んでいきます。

 


(株式会社ミクシィより)

 

 

各クエストにはボスが存在し、自分のHPがなくなる前にボスを撃破したらクリアです。

 

 

と、本当に大まかな内容を説明しましたが、取りあえず上記のことさえわかっていればこのゲームは出来ます。
そしてここから更に面白い要素が加わります。

 

 

まずは各クエストに登場するギミックです。
たくさんのギミックが存在しますが、代表的なもので「ダメージウォール」や「重力バリア」があります。

 

ダメージウォールとはその名の通り、キャラを弾いた際、ダメージウォールの張ってある壁に当たるとダメージを受けます。
後に記述しますが、耐性のあるキャラでないと動きが制限されてしまいます。

 

また重力バリアは、敵の周りに張られている薄い膜みたいなやつのことで、これまた耐性のないキャラが触れてしまうとスピードが大幅に減少してしまいます。
下の写真で左右の赤い壁がダメージウォール、左上の敵の周りに張られているバリアが重力バリアとなります。

 


(株式会社ミクシィより)

 

 

その他にも「ワープ」や「地雷」等様々なギミックが存在します。

 

 

 

 

 

そんな中で重要になるのが、キャラの能力です。
まず全てのキャラは反射タイプと貫通タイプに分かれています。
これは文字通り自キャラが敵に当たった際、跳ね返るか貫通するかということです。
これによって戦略が大きく変わってきます。

 

また各キャラにはステータスの他にそれぞれ個性豊かな能力があります。

 


(株式会社ミクシィより)

 

 

写真 上の赤枠から
 アビリティ     → 「アンチダメージウォール」や「アンチ重力バリア」等の主にギミックに対応する能力。
 ストライクショット → キャラ固有の特殊な攻撃。必殺技のような感じ。
 友情コンボ    → 見方キャラが自分に当たった際に発動する攻撃。敵に直接当たりに行かなくても、ダメージを稼
               げる。

 

 

アビリティにアンチダメージウォールを持っていると、ダメージウォールを張られた壁に当たってもダメージを受けません。同じようにアンチ重力バリアを持っているキャラは重力バリアに触れても減速しません。
これらの能力を踏まえクエストに合わせた編成をすることで、クリアがぐっと楽になります。
同様に友情コンボやストライクショットも重要になるので、それも合わせて吟味すると良いでしょう。

 

【友情コンボ】                           【ストライクショット】
     
(株式会社ミクシィより)

 

 

 

 

 

その他にも「わくわくの実」や「ラック」という要素もあります。
わくわくの実は各キャラ0個〜2個付けることが可能で、専用のクエストをクリアすることで入手出来ます。
効果は様々ですが、主にステータスアップ等になりますのでキャラの長所を伸ばしたり、短所を補ったりと自分の好みに合わせた補強が出来る感じです。

 

そしてラックについてですが、各キャラクターにはラックと言う「運」の要素があり、これはクエスト中のアイテム沸きやクリア後のアイテムドロップに影響してきます。
クエストのボスを撃破すると一定の確率でそのボスキャラ(ラック1)がゲット出来るのですが、これを99体集めることによりラック極み、要するに「運極」が出来上がる訳です。
運極キャラを持つことの一番の利点は、やはりクリア時の報酬枠が2枠増えると言うことです。
これにより、更なる運極キャラを作りやすくなることは勿論、イベントが行われた際にもアイテム集めに猛威を振るうこと間違いなしです。

 

まだまだ説明し切れていない要素はたくさんありますが、大まかにいうとこのようなゲームです。
追及していくと奥が深すぎて時間が足りなくなることと思います。

 

 

 

 

 

そしてモンストの気になる点としては

 

・最近登場する新ギミックが、ただイライラするものが多くなっている気がする。
・ガチャでの☆5排出について、昔の弱小☆5キャラも普通に排出される。コラボ実施時も同様でコラボキャラ以外も排
 出されるので狙ったキャラを当てづらい。

 

ギミックについては以前まで「難しいけど楽しい」感じだったのですが、最近出てくるギミックは少々イライラが募ってしまうような・・・。
「ひよこ床」や「密林」等はやっていてちょっと辛ったですね。

 

 

とは言うものの、ゲームが苦手な人でも反射角度を計算しながら弾くことを面白いと思うならかなりハマると思います。
自分もそれでしたし。

 

 

 

 

 

【マヨンの現状】

 

現在私は運極作りに疲れて、何か気になるイベントやコラボ等があると目覚め、プレイを開始する感じになっています。

 


(株式会社ミクシィより)

 

 

この前ストリートファイターコラボの第2弾が行われた際は、全然知りませんでしたが「かりん」というキャラが可愛かったので、懸命にクエストを周回し運極にしました。
お察しかと思いますが私、能力より見た目重視的なところがありますので、例え能力が弱くても可愛かったら頑張って運極にしちゃいます。その後使うかは別にして。

 

また、ガチャの方でもストリートファイターの「キャミィ」が当たるとのことで、荒くなる鼻息を抑えるのに必死でした。
何を隠そうこの私、ストリートファイターは小学生時代に友達とスーパーファミコンで遊んでいましたが、恐らく当時初めてゲームキャラクターに欲情したのがキャミィでした。友達の家であるにも関わらず。
だってあんなピチピチのスク水みたいな衣装で、足は根元まで丸出しなんです。小学生の私には刺激が強すぎました。しかもあの格好で股間に相手の顔挟んで投げる技とかあったような。
あの時は興奮し過ぎて鼻水出ちゃいましたよ。

 

まぁそんなこんなで思い出深いキャラが当たるとなっては、寧ろよく鼻息が荒くなった程度で済んだなと。

 


(株式会社ミクシィより)

 

 

そして見事執念でキャミィを引き当てホクホクでコラボを終えることが出来ました。
その際、レインボー・ミカも当たったのですが、知らないキャラでした。まぁムチムチしていたので良しとします。
とにかく可愛いは正義です。

 

他のコラボでいうと、これもあまり原作を知りませんでしたが、エヴァンゲリオンコラボも結構頑張りました。理由は勿論可愛い子が多かったからです。
逆にドラえもんコラボの際はやる気が出ず一切手を付けていませんでした。理由は勿論可愛いキャラがいなかったからですよね。

H28.5.9


ホーム 発売前注目コンテンツ 歴代オススメ作品 出会い 過去日記 ガイドライン