魔法先生ネギま!

魔法先生ネギま!

【漫画】

 

画像クリックで商品サイトへ飛びます。
    

 

 

 

【商品紹介】※微ネタバレあり

 

ネギまと言えば連載当初は赴任てきた10歳の先生ネギ・スプリングフィールドとクラスの女子生徒との萌え漫画でした。
30人以上いるクラスの女子生徒全員がメインヒロインの如く登場するので、最初は名前を覚えるのも大変かも知れません笑

 

そんな学園ラブコメ漫画でしたが、確か11巻の麻帆良祭辺りからバトル漫画に変貌を遂げたんですよね。
このバトルが熱くて。そして背景がCG背景を使用していたりするんですが、メチャメチャ細かいんです。世界観も相まって引き込まれました。
というかそれ以外にも単行本の1ページ1ページのセリフ量が多くてびっくり。
普通の単行本の1.5倍くらいの時間をかけて読んだ記憶があります。
ただ、kindleで購入した際セリフの文字が小さすぎて読めないんですよね。拡大しても元々解像度低いから変わらないですし。
これはホントどうにかして欲しいんですが・・・。

 

作品自体は素晴らしい萌え燃え漫画だと思います。
(全38巻)

 

 

 

 

 

【ネタバレやその他】※下へスクロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ27巻を表示しているかというと、個人的にここが一番熱かったからですw
師匠である英雄ラカンとの対決。
ネギもコタローも死にもの狂いで修行し、劇的にパワーアップしています。
それでもチート級の強さを誇るラカンに勝てる見込みがありません。
ネギたちは数々の作戦を講じラカンに挑みました。

 

いやホント魔法世界に来てからは驚きとバトルのオンパレードでしたね。
まぁ麻帆良武闘会辺りからネギが本格的に鍛え初めており、その兆候はありましたが笑

 

確かに27巻より後もワクワクしました。
世界の真実を突き止め魔法世界を救うネギ一行。強く逞しくなったクラスメート達。そしてフェイト。
壮絶な戦いでした。

 

しかし、それでも私は27巻を推します笑

 

あ、因みに私の好きなキャラはエヴァンジェリンです。
何だかダークサイドですが笑


ホーム 発売前注目コンテンツ 歴代オススメ作品 出会い 過去日記 ガイドライン